2018年8月号 「死者と出会う場所」

2018 8月号No.1281

建築ジャーナル

定価:900円+税

東日本版
中部版
西日本版
九州版

特 集

「死者と出会う場所」

墓地をはじめ、死とかかわる場所は、時間や、世代を超える永続性、人が訪れることで存在しえる場所性という意味で、どこか「建築」と似ている。建築家が死者と出会う場所を設計することは、自然なのかもしれない。お墓は死後に入る場所というだけではない。生者が死者と出会う場所でもある。さらに、故人の遺志を尊重する自然葬という考え方もある。大切な人の死を思うとき、死を親密に感じるとき、私の生が浮かび上がる。

「死者と出会う場所」より

  • 建築家がデザインする 死とかかわる空間

    「凱風館共同墓と如来寺共同墓」|光嶋裕介 10

    「風の丘樹木葬墓地」|関野らん 13

    「狭山湖畔霊園管理休憩棟/狭山の森 礼拝堂」「猪名川霊園礼拝堂・休憩棟」|大澤秀行 18

  • 大自然に還る自然葬|西俣総平 16
  • 今昔、納骨堂の形|矢作昌生 22

連 載

  • きになるばしょ むかしのじかん[8]タイムマシン|坂口恭平 2
  • この人に聞きたい[2]それでも僕らはデザインする|山梨知彦さん 4
  • 五十嵐太郎の先読み編集局[115]シェアの建築化|五十嵐太郎 24
  • 兼松紘一郎が巡る建築家模様[68]漂う光景 大宇根弘司|兼松紘一郎 25
  • 小さな町 川尻の震災報告[23]古川保の伝統構法万歳【震災編】 27
  • 日本の挑空間―原点と現代をつなぐもの[8]旧済生館本館「異空間の積み重ね」│冨永祥子 28
  • 設備逃げ恥放談[2]今月の用語 失敗にしない環境デザイン|佐々木真人 30
  • 進撃の建築家 開拓者たち[24]開拓者29 水谷俊博「武蔵野のベース・キャンパス」|布野修司 38
  • 居住の夢・戦後住宅クロニクル(年代記)[8]1956「四谷コーポラス」建て替えられる民間分譲マンションの先駆け|花房奈々 42
  • 前川國男論◎戦後編[4]「プレモス」という出発点|松隈 洋 46
  • まちの胃袋[80]FabCafe Hidaのべリーベリーソーダ(岐阜県飛騨市)|山崎 亮 50

情報ポスト

<千代田区>
絶対高さ制限のある地区計画制定へ[ジェネスプランニング|三舩康道] 32
<千代田区>
街路樹伐採問題6[千代田の街路樹を守る会|愛 みち子] 34
<高知>
とまり木、「定常のすゝめ」[若林拓哉|ウミネコアーキ] 35
<静岡・三島>
「水の街・三島」駅前開発で源兵衛川が危機[渡辺豊博|グラウンドワーク三島専務理事] 36

作品

※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります

東日本版
<建築最新事情>
川口市めぐりの森|伊東豊雄建築設計事務所(東京都渋谷区)
富岡市役所|隈研吾建築都市設計事務所(東京都港区)
四ツ木斎場・川越市斎場|石本建築事務所(東京都千代田区)
<建築集>
NTTファシリティーズ北海道支店(北海道札幌市)
アトリエTARŌ(北海道札幌市)
小堀哲夫建築設計事務所(東京都文京区)
中部版
<建築特集|住宅最新作・東海編>
House NK/FOAS大橋史人建築設計
鳥畷の家/スタジオグラッペリ一級建築士事務所
堅の家/佐々木勝敏建築設計事務所
豊田市の旗竿地の家/ジュウ二ミリ建築設計事務所
ヨツソトの家/ウタグチシホ建築アトリエ
中川区S邸/ito+伊藤教司建築設計事務所
まわり土間の家/STANDS ARCHITECTS
切戸の家/秋好建築設計事務所
新出来の家/アーキサイエ建築設計事務所
清須の住宅/clublab.
The Distance/bandesign
おおきなかさの下で/アトリエルクス一級建築士事務所
<建築集>
建築士事務所エクリアーキテクツ(名古屋市昭和区)
西日本版
<住宅最新作特集>
斜面地の家/石橋清志建築設計事務所
a x i s/T-Square Design Associates
西岡本の家/Abax Architects
京町堀の家/エム・アイ・エー・アーキテクツ
西賀茂の家・AK邸/アトリエ・K建築研究室 一級建築士事務所
<建築最新事情>
堺市三国ヶ丘庁舎/INA新建築研究所 西日本支社
九州版
<住宅特集>
城台の家 沖代の家 王子町の家 リノベーションT|江藤健太アトリエ建築設計事務所(大分県大分市)

一覧を見る

top