2018年5月号 「豊洲市場とは何か」

2018 5月号No.1278

建築ジャーナル

定価:900円+税

東日本版
中部版
西日本版
九州版

特 集

「豊洲市場とは何か」

ようやく内部が公開され、その全容が明らかになりつつある豊洲市場。この新しい市場は、国政の「市場法改正」や「食品流通構造改革」とどのような関係にあり、その出現は、全国に64(40都市)[うち水産36(30都市)]ある中央卸売市場や地方卸売市場(全国で1,105)にどんな影響を与えるのだろう。そして、開場後20年、30年先の未来に何が待っているのだろうか。豊洲市場とはいったい何物か。背後にあるものは何なのか。豊洲市場ができれば、あなたのまちの卸売市場も変わる。その社会が建築をつくる。建築批評としての豊洲市場。

「豊洲市場とは何か」より

  • 豊洲市場を見て|山本想太郎 16
  • 築地だけじゃない 卸売市場は「一等地」法改正で再編さらに加速へ|木村 岳 21
  • 世界の市場をめぐって、豊洲にいま願うこと|松岡絵里 24
  • 地元江東区とユーザーの声|西川直子 27
  • 解説まるわかり!!

    豊洲市場と築地市場はどこがどう違うのか 卸売市場法の改定と卸売市場制度の変質|三国英実 28

連 載

  • きになるばしょ むかしのじかん[5]甕屋|坂口恭平 2
  • 前川國男論◎戦後編[新連載]序論 前川國男の戦後をどうとらえるのか|松隈 洋 4
  • 建築のこれからを話そう[20]同時多発的な建築を目指して|米澤 隆さん 8
  • 兼松紘一郎が巡る建築家模様[65]琉球列島の風土を形に 山城東雄|兼松紘一郎 13
  • 小さな町 川尻の震災報告[20]古川保の伝統構法万歳【震災編】 15
  • 五十嵐太郎の先読み編集局[112]アルカトラズの変容とモダニズム|五十嵐太郎 35
  • 日本の挑空間―原点と現代をつなぐもの[5]旧奈良監獄「個人と共同(前編)」|冨永祥子 36
  • 空調新思想大系[11]空調のアポリア|野部達夫 38
  • 居住の夢・戦後住宅クロニクル(年代記)[5]1953 天国の100万円マンション 宮益坂ビルディング|中川寛子 40
  • 進撃の建築家 開拓者たち[21]開拓者26 丹羽哲矢 「愛知産業大学工業高等学校伊勢山校舎」|布野修司 44
  • 仕事場[41]八ヶ岳の新拠点は「木育」「火育」 実践と啓蒙の場|桜設計集団/安井 昇 48
  • まちの胃袋[77]後藤牧場のやまべ牛乳 山形県山形市|山崎 亮 50

情報ポスト

<岐阜>
コストコスロープ崩落事故の無罪判決[高木直喜|高木直喜建築事務所] 32
<大阪>
原状回復免除団地が若年世帯に人気[中井勇志|大阪府住宅供給公社] 33
<高知・須崎>
「 バルク」から見た、すさきの未来[若林拓哉|ウミネコアーキ] 34

作品

※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります

東日本版
<建築集>
アライ設計(埼玉県さいたま市)
<建築最新事情>
港南区総合庁舎/小泉アトリエ(神奈川県横浜市)
ウエルガーデン春日部/IAO竹田設計(東京都千代田区)
明国保育園、にじのいるか保育園 杉並井草/I-PLAN一級建築士事務所(東京都世田谷区)
釜石市立釜石東中学校、鵜住居小学校、鵜住居幼稚園、釜石市鵜住居児童館、京都外国語大学新4号館/シーラカンスアンドアソシエイツCAt(東京都渋谷区)
中部版
<建築最新事情>
明国保育園、にじのいるか保育園 杉並井草/I-PLAN一級建築士事務所(東京都世田谷区)
西日本版
<建築集>
コンパス建築工房(大阪市都島区)
九州版
<住宅特集>
森崎建築設計事務所(福岡県北九州市)

一覧を見る

top