別冊一覧

日建ハウジングシステム

少子高齢化社会に突入し、低金利政策や企業の資産整理が進んだこともあり、 エンドユーザーは「より便利な生活」を求め、「都心回帰」の傾向が強まっている。 そういった背景を踏まえ、エンドユーザーが納得する「集住のかたち」とはいかなるものかを示す。
−目次−

nhsのデザイン

  集住の「顔」・・・2
  「中庭」の演出・・・4
  ランドスケープの創出・・・6

特集記事
  移り住む時代のマンション・・・8
  資産価値が持続する集住施設・・・12
  安全で豊かな空間を実現する構造・・・16
  快適性・安全性と省エネルギーの両立する集住を目指して・・・17

ユーザーを訪ねて
  街と共存する価値ある住まい・・・18
  下町に新たな息吹きを与える次世代マンション・・・19

集住のかたち
  都心居住・・・21
  環境との親和・・・26
  街をつくる――大規模開発・再開発・・・28
  街並みの形成・・・34
  シニアハウジング・・・37
  進行中のプロジェクト・・・38

注文数

著:日建ハウジングシステム
発行:建築ジャーナル
定価:本体1,500円+税
発行日:2005年11月25日
体裁/頁:A4判/40頁
ISBN:978-4-86035-721-3