別冊一覧

ANABASIS


村井敬特集 Takashi Murai
時を刻む建築たち

紀元前401年、敵地に取り残されたギリシャ人傭兵1万数千は、母国を目指して6千キロにおよぶ大逃避行を敢行する。
その手に汗を握る記録がANABASIS(アナバシス)である。
数々の名建築を世に送ってきた著者である建築家・村井敬によれば、建築家もしばしばアナバシスに見舞われるという。
良き建築設計をなさんとして、批判を受け、矢面に立ち、裏切られ、ついにはアナバシスの世界を彷徨う。
建築家の数々の脱出行はいかにして達成されたか、近年の実作に即して語りつくす。



−目次−

Prologue  クッセノフォンと建築家   2-3

Book1    3つの医科大学   4-5
Book2    3つの議事堂   6-7
Book3    常陸太田の街作り   8-9
Book4    3つの市役所   10-11
Book5    3つの文化ホール   12-13
Book6    3つの美術館   14-15
Book7    3つの国家計画   16-17
Book8    3つの教育施設   18-19
Book9    3つの大学   20-21
Book10   3つの図書館   22-23
Book11   3つのオフィスと1つの海外オフィス   24-25
Book12   3つの共同住宅   26-27
Book13   3つの教会   28-29
Book14   3つのホテル   30-31
Book15   3つの芸術センター   32-33
Book16   つくば市の街作り   34-35
Book17   3つのカンファレンスセンター   36
Book18   3つのYビル   37
Book19   3つの医療施設   38
Book20   3つの住宅   39

Epilogue   アナバシスと私   40-41

注文数

著:村井敬
発行:建築ジャーナル
定価:本体1,800円+税
発行日:2015年10月30日
体裁/頁:A4判/44頁
ISBN:978-4-86035-751-1