HOME一覧前号


建築ジャーナル
2015
11月号
No.1245
定価:900円+税

特集

復興 新たなまちのつくり方<宮城編>

 


東日本被災地5市・町・地区を行く。がれきで覆われていた被災地は、ことごとく工事現場と化していた。「こんな巨大な防波堤が必要なのか」「海の見えない生活のほうが怖い」―。震災から4年半、少しずつ形が見えてきた被災地の「まちのつくり方」を改めて問う。

「復興 新たなまちのつくり方<宮城編>」より

■石巻から北へ南三陸をゆく
014
■震災から4年半、被災地では何が起こっているか|加藤裕則
015
■防潮堤、かさ上げ、高台移転……女川/石巻/雄勝/南三陸/気仙沼
     5つの市・町・地区からの報告 悲しみに向き合いそのむこうへ

021




10 Minutes Story 映像で遺す建築アーカイブ 東海編

        連動動画(YouTube)は こちら から




クリックすると大きな画像が表示されます
東日本版
中部版
西日本版
九州版



【連載】
シリーズ 年間テーマ 戦後建築の70年[11]
           磯崎新が日本の建築界にもたらしたこと|横手義洋 022


迷走する国家プロジェクト[4]第4回新国立第三者「検証委員会」の「最終報告」を傍聴する|西川直子 007



建築のこれからを話そう[6]福島加津也さん・冨永祥子さん
           深く考える建築家 002


業界をよむ[17]「陸上競技場」のトピック7
           新国立競技場にサブトラックなし。陸上界の胸中とは|牧野 豊 008


兼松紘一郎が巡る建築家模様[35]都市と共につくる―大澤秀雄|兼松紘一郎 011

「原発と建築家」その後 持続する意志[11]草の根の市民がかかわる「本当のエネルギー革命」
           リノベーション、DIY、小屋[後編]|竹内昌義 026


五十嵐太郎の先読み編集局[82]建築事務所を開く|五十嵐太郎 027

10 Minutes Story 映像で遺す建築アーカイブ 東海編[4]
           大聖堂から遷宮まで 飯田喜四郎の世界観|中井孝幸 032


建築雑誌がめざす役割[4]『建築文化』『DETAIL JAPAN』 元編集長・内野正樹に聞く
           「触発」する編集者 034


古川保の伝統構法万歳![83]バイオクライマティックデザイン2|古川 保 038

住宅医がゆく! 改修補強の現場から[11]よくある設備の劣化と改修のポイントQ&A|清水基之 040

前川國男の求めたもの[44]「建築の前夜」に込められたもの|松隈 洋 042/FONT>

読者の視点1 「関東・東北豪雨」を調査して|三舩康道 046
読者の視点2 地方移住と緑化による地域資源活用法|野沢俊哉 047

仕事場[11]故郷丹波篠山に根差す 才本謙二/やくら(才本建築事務所) 048

まちの胃袋[47]たきざわのきのこそば 長野県松本市|山崎 亮 050

【地域の話題】
<東京> 子どもたちを支え、守った建築 東京サレジオ学園 028
<岐阜> 人口2万4千人のまち岐南、全国公募で庁舎完成! 029
<福岡> かかわり方をデザインする 030
<熊本> 山とまちを繋ぐ林業女子 031



【作品】   ※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります



東日本版
<建築集>
高垣建築総合計画(東京都渋谷区) エー・ジー総合設計(北海道札幌市)
カトー建築設計事務所(青森県青森市) アーキスタジオEDI(山形県山形市)
玄・ベルトー・進来(東京都港区)






中部版
<建築集>
アズテック建築設計研究室(名古屋市中区) 今井賢悟建築設計工房(名古屋市守山区)




西日本版
<建築集>
一級建築士事務所 Eee works(大阪府枚方市) COM計画研究所(大阪市阿倍野区)





九州版
<建築集>
松山建築設計室(福岡市博多区)






HOME一覧前号