HOME一覧前号


建築ジャーナル
2015
8月号
No.1241
定価:900円+税

特集

なかなか遺産とご当地建築家

 


わたしたちのまわりには、すごいタカラが眠っている。文化財ではないけれど、次代に残し、伝えたいモノたち。なかなか、あっぱれ、そしてくすっと笑える建築を「なかなか遺産」と呼ぼう!「なかなか遺産」とそれを熱愛する人々には、支えになる専門家が必要だ。全国47都道府県に出でよ、「ご当地建築家」!

「なかなか遺産とご当地建築家」より

■ご当地建築家に求められること|腰原幹雄
014
■ご当地建築家という生き方
       才本謙二/江角俊則/柴ア恭秀/篠塚正俊/
       西脇小学校の木造校舎を想う会/山代 悟

015
■なかなか遺産とそこそこ保全|村松 伸
021
■なかなか遺産+そろそろ遺産MAP
022
■なかなか遺産認定! 達古袋小学校|阿部えみ子/森文旭館|森 秀夫
024
■建築家の仕事はなくならない|西川直子
007




<新連載>10 Minutes Story 映像で遺す建築アーカイブ 東海編

        連動動画(YouTube)は こちら から




クリックすると大きな画像が表示されます
東日本版
中部版
西日本版
九州版



【連載】
シリーズ 年間テーマ 戦後建築の70年[8]それは1970年、容積率制への移行からはじまった
           特定街区(1961年)、総合設計制度(1970年)は何をもたらしたか|中野恒明 026


迷走する国家プロジェクト[1]安藤忠雄氏欠席の「有識者会議」を傍聴する|西川直子 007



建築のこれからを話そう[3]永山祐子さん
           建築の「始まり」と「終わり」を意識する 002


業界をよむ[14]「サッカー」のトピック7
           サッカーファンが「新国立競技場」に望むこと 008


兼松紘一郎が巡る建築家模様[32]種をまき芽吹かせたい―梶本尚揮|兼松紘一郎 011

五十嵐太郎の先読み編集局[79]生き物から建築を考える|五十嵐太郎 031

<新連載>10 Minutes Story 映像で遺す建築アーカイブ 東海編
           建築ジャーナリストの視点 西川直子さんの想い|村上 心 036



古川保の伝統構法万歳![80]太洋熱温水器のすすめ|古川 保 038

住宅医がゆく!改修補強の現場から[8]住まいのサイレントキラー“シロアリ”のおはなし|簗瀬佳之 040

前川國男の求めたもの[41]前川國男の『日誌』から見えてくること[上]|松隈 洋 042

「原発と建築家」その後 持続する意志[8]
           日本は技術に対する変化が遅い!自分のアタマで考え学ぶこと|竹内昌義 043


読者の視点 ネパール大地震による被害を調査して 報告[2]一般建築編|三舩康道 046

<新連載>家披楽喜(いえびらき)〜住宅放浪記〜
           ウチとソトの親密な関係 a- blanc[東京都世田谷区]|雨宮明日香 047


仕事場[8]仕事場”という伝統を継ぐ 遠藤 現/遠藤現建築創作所 048

まちの胃袋[44]たか木のひろうすの淡雪あんかけ 兵庫県・芦屋市|山崎 亮 050

【地域の話題】
<福島> 孫世代のために故郷を取り戻したい! 032
<愛知> 学生と取り組む、町家の改修 033
<愛知> 伝統構法をユネスコ無形文化遺産に! 034
<福岡> 「博多千年門」は風景になったか? 035



【作品】   ※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります



東日本版
<建築集>
北海道日建設計(北海道札幌市) 日総建(東京都渋谷区)
メドックス(東京都新宿区) 瀬野和広+設計アトリエ(東京都中野区)






中部版
<建築集>
GA設計事務所(岐阜県岐阜市)






西日本版
<建築集>
寒川建築研究所(香川県高松市) 永野建築設計事務所(京都市中京区)
礎建築事務所(奈良県橿原市)





九州版
<建築集>
数寄楽舎(鹿児島県薩摩川内市)






HOME一覧前号