HOME一覧前号


建築ジャーナル
2012
4月号
No.1198
定価:900円+税

特集

仕事の獲れる設計事務所のつくり方

 


長引く不況から建築業界の冷え込みはいまだ厳しく、どの設計事務所においても、先の見えない不安と目先の仕事で手一杯ではないだろうか。ただ、東日本大震災以降、災害に強い建築・住まい、まちづくりが社会の要請となり、防災に対する市民の意識も格段に高まっている。しかしながらが一般社会にどれだけ設計事務所が浸透しているだろうか。設計事務所はできる限り外に出て、設計事務所、建築士の存在を多方面にPRし、安全・安心な建築・まちづくりの仕事へとつなげていってほしい。

「仕事の獲れる設計事務所のつくり方」より

■常に上を目指し続けるために構造・設備一級建築士も取得―谷口充良
005
■デザインの決定は全員で行い、幅広いジャンルに対応
―小川峰夫・久力正通・今井保一・和田正則・小川みどり

010
■医師の信頼を受けた世に貢献できる医療施設づくり―井上 弘 011
011
■「珈琲ぶりこ」の副収入で収益構造の良い事務所に―川田健太郎
012
■オリジナリティめざし多くの視点を持つ―栗原健太郎・岩月美穂
013
■地方・郊外の仕事を重点的に多業種とコラボしながら仕事を獲得
―古澤大輔・馬場兼伸・黒川泰孝

014
■設計事務所に聞きました
「設計事務所開業アドバイス、仕事の取り方、日常の困りごとなど」

008 016



クリックすると大きな画像が表示されます

【批評】
[Close Line]大分県美プロポ〈前編〉応募要領に反する応募者がなぜ最優秀者?―遠藤秀平 020
[オピニオンの視線]歴史的建造物の修復が日本経済を強くする―デービッド・アトキンソン 024
建築保存のポリエードル [4] 線形土木構造物の保存・活用―笠原一人 026
透けた明るさ [4] 「名作住宅の構造デザイン」 篠原一男 久我山の家―小野暁彦 028
都市計画は誰のためにあるか [2] ポスト近代都市計画への道 1―中野恒明 050
<新連載>近代建築に生命を吹き込む「序論:前川國男の眼差し」―松隈洋 054
淵上正幸の遥かなル・コルビュジエを追って [7] 「プラネクス邸」 058

【建築と政治】
消費者ニーズの「新産業・新市場の創出」を考えよ―江原幸壱 060

【地域の話題】
東日本 都市部に急増する重層長屋問題、「芝浦工大・志村研究室」、「落日荘」 034
中  部 「キルコス国際建築設計コンペティション2011」 ほか 038
西日本 関西の建築家が関わる震災復興、歴史的遺産を都市の資産に 042
九  州 公立美術館はまちづくりの拠点となるか その3、 駅前広場のデザイン その3 044

【実務】
古川保の伝統構法万歳![40] 「住宅版改正省エネ法問題V?太陽光発電のトレードオフなど問題は山積」 030
反電磁波講座 [77] 「子どもに携帯電話を持たせるか?」―加藤やすこ 032

【NEWS】
五十嵐太郎の先読み編集局 [39] 卒業生と在校生をつなぐ芦原義信賞 053
まちの胃袋 [4] 「萬盛楼のチャンポン―長崎県五島市」 山崎亮 066
Information 065
Focus 062




中部建築集
宮里龍治アトリエ(愛知県豊橋市) TSCアーキテクツ(名古屋市中村区)




九州建築集
福永博建築研究所(福岡市中央区)








HOME一覧前号