書籍一覧

再刊  ヒューマニズムの建築
日本近代建築の反省と展望




不朽の名著の再刊

建築の未来への展望を
さし示した浜口隆一氏の
名著が、50年を経た今日
混迷する建築界の
道標を示す。





著:浜口隆一
発行:建築ジャーナル
定価:本体1,456円+税
発行日:1995年5月1日
体裁/頁:B6判/180頁




本書「序」より    

「われわれ建築家の苦悩と希望と、そして努力の目標がどこにあるかを理解し、われわれ近代建築家と、新しい時代を担う人々の気持ちとが、しっかりつながり合うことができたなら、この上もなく喜ばしいことである」(浜口隆一)


目次から


第1章 過去における日本の近代建築
    1.西洋建築の輸入
    2.近代建築の輸入
    3.日本的建築様式の問題
    4.記念建築の問題

第2章 近代建築の本質
    1.人間社会の歴史的発展
    2.原始氏族社会の建築
    3.国家の段階の建築
    4.近代国家の建築
    5.19世紀の建築
    6.近代建築の成立
    7.近代建築の本質
    8.機能主義と美

第3章 日本近代建築の潮流
    1.日本の建築の現実
    2.日本における近代建築の国際的性格の矛盾
    3.日本的建築様式の問題
    4.記念建築の問題

第4章 日本近代建築の明日への展望
    1.近代建築の理想像
    2.今後の現実的諸条件の検討
    3.日本近代建築の進むべきコース
    4.具体的展望






建築ジャーナル メインページ